• ホーム
  • 男性と女性における薄毛予防の違い

男性と女性における薄毛予防の違い

2019年10月20日

男性と女性では、抜け毛の原因に違いがあるので、薄毛予防も異なります。
男性は女性と違い頭頂部や前頭部から抜け毛が広がります。
進行が早いのが特徴で、男性ホルモンのテストステロンと5αリアクターゼの結合が原因です。
よって5αリアクターゼが活性化するのを抑制する育毛剤やサプリメントで薄毛予防を行います。
一方女性は男性ホルモンの影響を受けにくく、日常生活のストレスや髪の毛に与えるダメージ、ダイエットによる栄養不足が原因です。
よって男性とは違い原因が複雑なので、総合的に対処することが薄毛予防になります。
1本1本の髪の毛が次第に細くなることで、全体のボリュームが少なくなるのが、女性の薄毛です。
健康的に髪の毛を作るためには、ダメージを除去する必要があります。
一般的に男性よりも皮脂量が少ないとされています。
しかし通常よりも皮脂の分泌量が多くなると、毛穴に皮脂が詰まるので髪の毛が伸びなくなります。
頭皮を清潔にすることが大切ですが、女性の場合は間違ったヘアケアも問題です。
市販のシャンプーは、洗い上がりを優先しているので皮脂を除去することは可能です。
しかし洗浄力が強いことで、皮脂を必要な分も取り除くことが多いです。
頭皮が乾燥すると余計に皮脂が出るので、アミノ酸系のシャンプーを使うと良いです。
またカラーリングやパーマの回数を減らします。
ファッションの一部として、カラーリングやパーマを行う女性が多いですが、髪の毛を傷める原因となります。
どうしても必要な時にだけ、刺激の少ない薬剤を使用します。
そして睡眠をしっかりとります。
寝ている時に髪の毛や皮膚が受けたダメージを回復するホルモンが活性化するので、早寝早起きの習慣を身につけます。